葬儀と告別式の挨拶と服装

葬儀は度々経験するものではないのでマナーに詳しい人はほとんどいないのではないかと思います。しかし、服装や挨拶など、最低限のマナーは抑えておくべきです。葬儀の服装の基本色は黒です。男性の場合は黒・紺・グレーのスーツに白いシャツ、黒いネクタイ着用が基本です。靴下や靴も黒で統一します。女性の場合も黒・紺・グレーのスーツかワンピースなどの地味でシンプルなものがベターです。葬儀では肌色か黒のストッキングをはき、靴やバッグも光沢のない黒で揃えます。また、派手なアクセサリーを身につけてはいけません。夏でも肌を多く露出させる服装や派手なメイクやきつい香水も避けましょう。なお、通夜の場合は地味な服装であれば構いません。きちんとしすぎていると準備していたように思われてしまうので注意が必要です。葬儀ではお悔やみの言葉や弔辞にも注意することがあります。不吉なことを連想させる忌み言葉はでは使わないのがマナーです。繰り返しを意味する「たびたび」「重ねて」などは使わないようにしましょう。どれだけ心がこもっている挨拶だとしても礼を欠いてしまうことになります。葬儀の機会は突然やってきます。服装や挨拶で常識がないと思われないためにも、基本的なマナーは知っておいたほうが良いでしょう。

葬儀の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP