葬儀の挨拶は短く済ませる

葬儀のマナーについて

葬儀での挨拶はシンプルに

葬儀に参列することはあっても喪主になることは人生で1回か2回。それだけに大変でしょうが、最近は葬儀場での式が多くなりスタッフの方が支えてくれます。どんと構えていればいいのです。喪主の立場であれば遺族代表としてさまざまな場面で挨拶をしなければなりません。ここでのポイントは、「時間をかけずに」簡潔にです。葬儀に参列いただいたことへのお礼・生前の故人を支えてくれたことへのお礼を述べるようにしましょう。挨拶の文例集というのもあるので参考にしてください。暑い中・寒い中、長い時間読経を聞き、参列者の方々も疲れているでしょう。年配の方々も多く、葬儀に参列するだけでも大変なはずです。それに、喪主として挨拶しているうちに故人への想いがこみ上げて、涙で文章を読むのが困難になる場合もあります。時間をかけて長々と話さなくても、あなたの思いはきちんと参列者に・遺族たちに・そして故人に伝わるはずです。ちなみに、最近多くなった家族葬の場合は喪主挨拶というのは必要ありません。とはいえ、忙しい中来てくださったのだから喪主としてお礼が言いたいというのであれば、更に簡潔に伝えるようにすればいいでしょう。挨拶の際は、忌み言葉を使ってしまわないようにだけは注意しましょう。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP