• トップ /
  • 葬儀においての挨拶のマナー

葬儀の挨拶のマナーは

葬儀においての挨拶のマナー

知っておきたい葬儀のマナー

通夜や葬儀の際に、喪主や遺族に挨拶やお悔やみの言葉をかけることになった場合、マナーとしてどのような言葉を選んだらよいでしょうか。故人や遺族とのかかわりが深かった分だけ、いろいろと声をかけてあげたい気持ちになるかもしれませんが、逆にそれが失礼に当たる場合もあります。特に、死因について話すことや忌み言葉はマナー違反になります。葬儀でのお悔やみの挨拶は、余計なことは言わずに、シンプルで言葉が少ないほうがよいでしょう。具体的な例としては、「このたびはご愁傷さまです」「心からお悔やみ申し上げます」「突然のことで信じられません」などです。言葉ははっきり発音せずに、語尾が消えるくらい不明瞭に話してください。大声でハキハキ話すのは葬儀の場にはふさわしくありませんし、マナーとしても正しくありません。また、執り行われる葬儀の宗教によっても遺族にかける言葉が変わることがあります。仏式では「御冥福をお祈りいたします」ということが出来ますが、キリスト教式ならば「安らかな眠りをお祈りいたします」という言い方が一般的ですので、挨拶の前に、できれば、どの宗教、宗派の方式で葬儀が執り行われるのか確認しておくとよいでしょう。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP