葬儀の挨拶は事前に準備

葬儀の挨拶を準備する

葬儀の内容によって準備が異なる

もし通夜で挨拶を行う場合、参列者へのお礼と葬儀や告別式の日時の案内、飲食のもてなしなどを準備しましょう。また故人の思い出話にも触れると良いとされています。もし通夜ぶるまいがある場合は、別室に食事の用意があるなどの案内も入れておきましょう。通夜ぶるまいでの挨拶は、開始と終了の挨拶を行うのが一般的です。告別式の挨拶を準備する場合、通夜などの葬儀と同様に参列者へのお礼を中心に故人への思い出話に触れと良いでしょう。また式後に出棺、火葬などの段取りが予定されている場合は、案内をしてもかまいません。地域によって告別式後の段取りが異なることがありますが、基本的に告別式に出席している人全てを対象に案内しても構いません。しかし一部のみと決まっている場合は、事前に対象者に対して案内しておいた方がスムーズと言えるでしょう。初七日法要でのあいさつは、宗教者へのお礼、参列者へのお礼を述べ、つつがなく終わったことへの感謝を述べるようにします。それから飲食の席への案内を行うようにしましょう。葬儀を依頼する会社によっては挨拶の準備に関して相談や協力をしてくれる場合があるので、積極的に利用するようにすると良いでしょう。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP